便秘を解消するための生活習慣

便秘を解消するための生活習慣

便秘とは、腸の中に便が長い間あり排便がスムーズにいかないことをいいます。
通常3日排便がない状態の時を便秘になったといいます。

 

便が硬くすっきりしない状態や、硬くて排便がでない場合なども便秘の症状です。
便秘が続くと、身体に悪い影響を及ぼすことがありますので早めの改善が必要となってきます。

 

時計

 

便秘になる原因について

 

便秘になりやすい人の殆どが、排便を我慢したり、食生活や運動不足,ストレスなどがあげられます。

 

その他に腸内環境が悪く大腸がん、胃腸など病気からくることもあります。
原因を改善することで、便秘を解消できるので日常の生活を見直していくことが必要です。

 

便秘を解消する方法

 

現代の社会でストレスを受けない人は、ほとんどいません。
出来るだけストレスを溜めないように日々生活を送ることです。

 

何故ならストレスが原因で自律神経にも影響が出やすく腸の動きが悪くなるからです。

 

ストレス解消法をご自身でいち早く見つけるしかありません。

 

癒しの時間を見つけたり、心地いい趣味の時間をとる。美味しいランチを食べたり大好きなスイーツを食べる時間をつくるなど、自分にあったストレス解消をお勧めいたします。

 

食生活では、食事をとる順番にも効果が現れやすくなります。生野菜と果物をたくさん食事に取り入れる方法です。方法としては、食事の一番はじめに生野菜を食べてから果物を摂ることで
消化されやすく、食物繊維が多く含まれていますのでお通じにとても良いです。

 

毎食生野菜と果物を摂ることでかなりの効果があります。その他、運動不足になると腸が動かなくて弱くなってしまい排便する力が少なくなり便秘に繋がっていきます。

 

適度な運動をする事が重要です。最低1日合計1時間は歩くように心がける事で腸の筋肉が鍛えられます。水分も忘れず多く摂取するようにします。排便はタイミングが悪く我慢してしまうことがありますが

 

そうすると水分がでてしまい便が硬くなり出にくくなってしまいます。出来るだけ我慢しないことです。以上気をつけることで改善が可能です。