レチノールはニキビ跡やシミにも効果的な成分

レチノールはニキビ跡やシミにも効果的な成分

アンチエイジングに興味のある方なら、一度は耳にした事があるレチノール。

 

肌代謝を高める事により、アンチエイジングの効果が期待できる成分ですが、実は他にもニキビ跡やシミにも効果的な成分なのです。

 

レチノールとは、レチノイン酸というビタミンAの事です。このレチノイン酸は、ピーリング効果があり、肌の代謝を促進し、細胞を再生させる働きがあります。
そのため、シワだけではなく、シミを根本的に消す働きもあり、ニキビ跡を薄くする効果も期待できます。すなわち、肌のあらゆる不調を改善する働きが期待できる成分なのです。
レチノール配合の化粧品は安くはありませんが、目元や口元に塗るだけではもったいないです。

 

ただし、このレチノイン酸。効果が高いだけに副作用もあります。ですので、化粧品に配合する事は禁止されており、レチノイン酸よりも効果は低いが安全なレチノールという成分が使われているのです。現在レチノイン酸は、医師の処方がなければ手に入れる事はできません。

 

レチノールでは、副作用と言えるだけの影響が出る事はあまりないかもしれませんが、人によっては赤みやヒリヒリ感が出る場合もあります。
レチノールでも多少のリスクがあるので、当然レチノイン酸はもっと強い副作用が出ます。

 

そして女性にとって、何よりも怖いのが催奇性です。つまり、妊娠中にレチノイン酸を体内に一定量以上摂取すると奇形児が生まれてくるという事です。と言っても、主に内服での報告であり、肌に直接つけるものではほとんど体内には摂取されないため、海外では若い女性の間でも早くから使われてきていました。しかし、この報告が原因で日本では長い間医薬品としても認可が下りませんでした。今でも、保険適用は一部の医薬品のみなので、病院の美容目的でのレチノイン酸処方の多くは保険のきかない自由診療になります。

 

また、レチノールの使用について気をつけたいのが紫外線、という話は美容に関心のある方ならご存知だと思いますが、実はレチノールではそれほど紫外線の悪影響は考えなくても良いという意見もあります。レチノイン酸は、肌を薄くする作用があるので、紫外線の影響を受けやすく、UVカットは重要になってきますが、レチノールではそこまでの作用はないため、それほど過敏になる必要はありません。
ただ、紫外線そのものが肌にとって良くないものである事は間違いないので、普段から紫外線を避ける生活を送る事はアンチエイジングにとっては重要です。

 

そして、どんなに優れた成分も良い面と悪い面があります。両者を正しく知って、上手に付き合う事が大切です。