リンゴの成分と効果、高血脂血症などにも効果的

リンゴの成分と効果、高血脂血症などにも効果的

リンゴと言えばよく食卓に並ぶ代表的なくだものです。しかもこのリンゴは健康には大変貢献してくれます。ここで見ていきましょう。

 

リンゴの成分と効果

 

リンゴの主成分はブドウ糖などの糖質で、80パーセント以上の水分を含んでいます。酸味の元になるリンゴ酸とクエン酸がたくさん入っていて、代謝を活性化して疲労回復や食欲増進、消炎効果が期待できます。

 

また果物としては珍しくビタミンCの含有量は少ないうえ、他のビタミン類も期待できません。しかし、ペクチンとカリウムを多く含んでいいるのがリンゴの特徴です。ペクチンの作用としては腸内を酸性に傾けてビフィズス菌などの善玉菌を繁殖させて、下痢を止める効果があります。

 

またカリウムには体内の余計な塩分を排出して、血圧を下げる効果も期待できる他、水分代謝を調整する事でのどの渇きを抑えたり、むくみを解消できる利尿作用、2日酔い防止といった効果もあります。

 

ガンや高血脂血症などにも効果的

 

リンゴの栄養成分は他の食品よりも特別に優れているものはありません。

 

ですが、世界各国で報告されている多くの疫学調査や人の介入研究で生活習慣病に対して効果が高い事が分かっています。フィンランドでは25年間にわたる疫学調査がされましたが、リンゴを多く摂取している人は食べてない人よりも肺がんに対するリスクが58%も減少していました。肺がんを含むすべてのガンに対しても17%リスクを下げる事が確認されています。また高脂血症の人はそれだけで、動脈硬化の原因になり、心臓をはじめ生活習慣病のリスクを高めます。

 

この高脂血症の人に対して、リンゴに入っているペクチンを1日に15g摂取させる事により血液中の総コレストロール値と中性脂肪値が減少して、さらに善玉コレストロールのHDLが増えて、摂取開始後90日には健康者のレベルにせまるまでに回復したという報告もあります。普段よく口にするリンゴには実はこんなに優れた健康効果があったのです。