白ニキビの原因と治し方

白ニキビの原因と治し方

白ニキビはニキビの初期段階です。この段階で治しておけばニキビ跡になりにくいです。白ニキビはどうしてできてしまい、どうすれば治すことができるのでしょうか。

 

白ニキビの原因

 

白ニキビは毛穴に皮脂がたまった状態です。皮脂がスムーズに排泄されないと、毛穴の中に皮脂がたまって膨らんでニキビになります。直径1〜3mm程度です。

 

毛穴がつまってしまう原因には古い角質の蓄積があります。肌が乾燥したり食事バランスが悪いと、ターンオーバーが乱れて古い角質が蓄積し、毛穴の出口をふさいでしまいます。角質以外にもシャンプーやリンスなど流し切れなかったもの、メイク汚れ、塵や埃などがつまることもあります。

 

女性は生理周期も関係しています。生理前になるとホルモンバランスの影響で皮脂分泌が活発になり、ニキビができやすくなります。

 

皮膚科での治療

 

白ニキビを触ると赤ニキビや黒ニキビに発展してニキビ跡になる可能性があるので触ってはいけません。早めに皮膚科を受診して治しましょう。皮膚科では面皰圧出、ケミカルピーリング、外用薬などで治療します。

 

面皰圧出とは面皰圧出器という専用の機器を使って毛穴の中にたまっていたものを押し出す方法です。自分で押し出すと肌を傷つけてニキビ跡になってしまいますが、皮膚科医が行えば安全です。

 

ケミカルピーリングには角質で毛穴がふさがるのを予防する働きがあります。白ニキビの予防に役立ちます。

 

外用薬ではディフェリンゲルやトレチノレインなどを使用します。できてしまったニキビや新たにできるニキビを予防します。

 

保湿ケア

 

ニキビを治すには保湿が重要です。乾燥していると肌を守るために角質が厚くなったり、水分不足を補うために皮脂分泌が活発になります。

 

保湿をすることでターンオーバーが正常になって古い角質が蓄積しにくくなります。水分と油分のバランスが整うことで毛穴に皮脂がたまりにくくなります。

 

ニキビができているときは、オイルフリーの化粧品を使用してください。