大人ニキビを倒すにはビタミンがカギ

大人ニキビは食生活でビタミンが足りてないとできる

ニキビ改善のポイントにはいろいろありますが、その一つには食生活があります。

 

特に大人ニキビの場合には生活習慣が原因になる事が多いため、食事も見直す要があるかもしれません。そこで大人ニキビと食生活について見ていきましょう。

 

食生活が乱れると

 

毎日スキンケアをしているけどなかなかしつこい大人ニキビ。

 

どうしたら改善できるのか頭を抱える事も。大人ニキビはいろいろな要因からなりますが、ホルモンのバランスをはじめ身体の内側からの影響も大きいのです。

 

なかなか消えずに居座っているニキビを消すには食生活の見直しも大事です。特に近頃の女性は働く人も多いですから、外食が多い、また美しくなりたいために行うダイエットが行き過ぎたやり方になっている場合もあります。これでは体に必要な栄養素は不足します。例えばビタミンは美しい肌のためには不可欠です。各種のビタミンが足りなくなると、皮脂の分泌が過剰になったり新陳代謝が乱れる事もあります。

 

ニキビができやすく、また悪化を加速させる肌の状態にしてしまいます。

 

ビタミンB群

 

大人ニキビができやすく、できるとなかなか治らない場合はビタミンB群が足りていない可能性があります。中でもビタミンB2は皮脂の分泌に大きく影響します。脂質の代謝を促して皮脂の分泌をコントールしています。そのためビタミンB2が不足すると皮脂の分泌量が増してニキビができやすい肌環境になるのです。また、ビタミンB6は肌の新陳代謝を促します。これが不足すると剥がれ落ちるはずの古い角質が肌表面に溜まって、毛穴を詰まらせる原因になる事もあります。

 

ビタミンAも大事

 

ニキビに効果的なのはビタミンBだけではありません。ビタミンAはターンオーバーのサイクルを正常にします。またビタミンCは抗酸化作用がありますから炎症ニキビの原因であるか活性酸素の働きを抑制すると言われています。ニキビケアには食生活も大事である事は分かって頂けましたか?食生活を思い出してみて気になる点があれば改善しましょう。